5月、23、2018、3、プエルトリコのハリケーンマリアの上陸の8月記念日から、 相互扶助災害救助 #PRRebuilds 持続可能性と生態学的回復力 team arrived for the third time in Barrio Mariana, a small mountain community resting above Humacao, high in breadfruit (pana) and moonshine (cañita) country.  The purpose of this trip was to implement the first community owned and operated solar micro-grid in the area.

このマイクログリッドは、ソーラーコインランドリーを収容し、コミュニティミーティングやワークショップのためのスペースを提供し、現在開発および提供している地元の学生ソーシャルワーカーのためのオフィスを含むエルセントロデイマジナシオン(イマジネーションセンター)に信頼できる電力を提供しますコミュニティのより高齢の人口のためのソリューション。 部屋は全壊しており、ボランティア用のベッドが備え付けられており、ホステルの開発計画もあります。 また、コミュニティが運営するコーヒーショップのアイデアなど、小規模ビジネスのインキュベーションと機器の共有を可能にする計画もあります。 醸造。

相互扶助災害救援 BoxPower, Proyecto de Apoyo Mutuo 他のセントロスデアポヨムトゥオは、このソーラーマイクログリッドシステムを購入し、将来の暴風雨に対応する際に、自律的な相互支援センターとコミュニティがお互いをサポートするための回復力と能力を強化します。 このシステムは解体し、嵐の際の損傷から太陽電池パネルを保護するために、その上に置かれている輸送コンテナに戻すことができます。 これにより、嵐の直後にエネルギーを再インストールできます。 このシステムには、追加の保険として、バックアップ電源としての発電機も含まれています。

The BoxPower solar photovoltaic micro-grid system was installed at a nearby, abandoned school, taken over and repurposed by our movement friends to provide community needs and training, as well as house volunteers through the new Imagination Center (el Centro de Imaginación). The school was previously closed and vacated, another victim of one of Puerto Rico’s rounds of mass school closures — yet another front on which the larger fight against disaster capitalism on the island must be challenged and fought.

Renovation of the magical and underutilized space at the school began in November. Essential to the renovation of the school and the rebuilding of the community center, kitchen, and playground  are long-term volunteers, now residents of el barrio Mariana. First arriving by bike, these allies, and those that first arrived with them, worked tirelessly to help residents rebuild the center as well as gut homes, clear debris, assist with kitchen duties, and help restart plantings from seeds. They are now helping residents as they develop a food forest at La Loma, and are helping form a local screen-printing cooperative at the renovated space. It is this type of long-term solidarity that we seek to continue to facilitate post-disaster, and throughout the long process of rebuilding communities and lives.

三度目に戻って、MADR #PRRebuilds Sustainability and Ecological Resilience team joined local residents and organizers from Proyecto de Apoyo Mutuo as the BowPower team guided residents through a hands-on installation training of the system over 2 days.  Community members and collaborators did the bulk of the labor while training on construction of the microgrid frame, photovoltaic panel mounting and installation, system wiring, long-term operation and maintenance, as well as how to disassemble and repack solar panels safely back into the shipping container on which they are mounted in the event of another storm.

None of this would have been possible or happened on schedule had it not been for the collective effort, solidarity, and determination of: dedicated allies; a network of decentralized and reliable disaster responders; the grit and solidarity of boricua laborers: road construction workers, electrical workers; and the amazing bomberos (firefighters) of Puerto Rico. Together, with only 24 hours until the start of the grid installation, they overcame delayed transportation from the port to Mariana of the solar system, an inappropriately sized crane needed to safely and securely transfer the storage container from one truck to another to the basketball court of the school for placement; the lack of and rapid construction of a dirt road to drive the system onto the basketball court, and the removal of two, heavy tow-trucks from the muddy indentations of the newly developed road, and towards the end of the 5 hour process, a final placement of the storage container facing south-southwest without any remaining daylight.  All of this was also possible because of solidarity shown by countless regular folx, through the giving of their time, labor, knowledge, resources, funds, and a collective vision for a better world built on mutual aid and solidarity, autonomy and accountability, sustainability and resilience.

それは信じられないほど素晴らしい成果であり、一日のジェットコースターでした。 トストナチョス そして飲み物! とはいえ、ロス・ボンベロスは祝うためでなく、まだ飲んでいませんでした! 彼らは自分の仕事と仕事の倫理に真剣に取り組んでいます。 #BomberosdePuertoRicoSolidaridad

Proyecto de Apoyo MutuoのChristineがソーラーインスタレーションについて話すのを聞くことができます。 こちらをクリック (スペイン語でのインタビュー)。

マリアナコミュニティ、エルセントロデイマジナシオンのプロジェクト、および相互扶助運動の目的は、コミュニティの自立と自立を促進することです。

食料主権からモジュール式のエネルギー生成システムやその他の適切で持続可能な技術やプロセスに至るまで、MADRの持続可能な設計およびエンジニアリングワーキンググループは、災害対応および再建中の独自のソリューションに対する適応設計の開発を目指しています。

相互援助災害救援は、エルバリオマリアナ、アポヨムトゥオ計画、および他の相互扶助運動の同盟者のコミュニティと連帯していることを目的としています。 持続可能な、コミュニティ所有および運営のソーラーマイクログリッドシステムをプエルトリコにもたらす.

可能な限り多くの共助センターにソーラーマイクログリッドを設置することで、これらの集団は回復力と自立性が向上し、将来の暴風雨時に対応し、エネルギーの透明性と説明責任のプラットフォームを提供し、個人と集団のより良い理解を可能にします使用と影響、およびより良い自治のためのガイドのタイプ。

MADRは現在、カエルスのエル・セントロ・デ・アポヨ・ムトゥオを支援し、Huerto FelizおよびUrbe Apieの同盟国と共同で、第2のコミュニティが所有および運営するソーラーマイクログリッドを開発しています。

As part of the Mutual Aid Disaster Relief sustainable design and engineering working group, encouraging and supporting community-directed reconstruction that emphasizes sustainable, appropriate technology and systems for critical needs and infrastructure, like water and energy, is imperative.  Mutual aid teams and working groups share knowledge and skills in solidarity with community members, learning and developing new solutions and approaches to problem solving alongside community members.

Resiliency depends on adaptability and autonomy. Puerto Rico stands at a crossroads of colonialism, disaster capitalism and climate chaos. Now is a critical opportunity to build the world we want to see and live in together. Puerto Rico is and has been a battleground – between people and profit; health and profit; environmental justice and profit. We must resist and rebuild together. Self-sustainability, resilience/y, mutual aid and solidarity ARE acts of resistance. We can replace existing oppressive institutions and mechanisms of society with self-organized counter-institutions. And there is no need to wait to create them until “after the revolution”.

マリアナのコミュニティが開発したソリューションは、アポヨムトゥオの計画とビジョン、および島全体でのアポヨムトゥオセントロスの動きによって具体化され、私たちが集合的に抱くビジョンの具体的な例であり、私たちの連帯の種です。

これは、プエルトリコ全体の相互扶助の動きを強化するための、より持続可能で自律的なソーラーマイクログリッドとソーラーアレイの始まりにすぎないことを願っています。 これおよび他の同様の相互災害支援プロジェクトおよびプログラムをサポートするには、 ここで寄付できます.

人々へのすべての力、

–          Mutual Aid Disaster Relief